「治る認知症」見逃しの恐れ

「治る認知症」見逃しの恐れ 甲状腺機能低下症検査、33%のみ

医師が認知症を診断する際、実施が推奨されている検査が十分に行われておらず、治療可能なタイプの認知症が見逃されている恐れ・・・


このような記事が9月7日付け産経新聞にありました。

https://www.sankei.com/life/news/180907/lif1809070008-n1.html


甲状腺ホルモンの分泌が何らかの理由で低下すると、認知症とよく似た状態になります。

記憶力の低下や緩慢な動作、周囲への無関心、無気力などです。


しかし、よく観察すると他にも手足のむくみや心拍数の低下、コレステロール値の異常などがあり、これらは甲状腺ホルモンが低下しているときにも見られます。


甲状腺ホルモンは血液検査で簡単にわかり、もし低下していれば投薬でコントロールすることができます。


もしご家族で認知症かなと思う症状がみられた時は是非医療機関にご相談ください。

それは治る認知症かもしれません。


最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス感染症について

感染症対策 先ずは、感染症対策として咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。自身が感染しないためと周りに感染を広げないことが大切です。風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に各個人が努めていただくようお願いいたします。 咳や発熱等 中国武漢市から帰国・入国された方、あるいはこれらの方と接触された方で、咳や発熱等の症状で医療機関を受診しようとする場合は、事前に以下の電話相談窓口もしくは最寄りの

年末年始のお知らせ

2019年の年末は12月29日土曜日、13時まで。 2020年の年始は1月6日月曜日から通常診療いたします。 ご了承のほど宜しくお願いいたします。

コーヒーナップ

コーヒーナップという言葉を聞いた事があるでしょうか? 慢性的な睡眠不足からくる日中の眠気を効率的に解消するための昼寝スタイルのことです。 日中10分から15分程度の昼寝が午後のパフォーマンスをあげることは知られていますが、その昼寝の効果を最大に引き出す方法です。 それは昼寝の前にカフェインを含むコーヒーを飲む。 コーヒーを飲んだら逆に眠れないんじゃないかと心配するかも知れませんが、カフェインの効果

Copy Right (c) 春次医院 All Rights Reserved.