禁煙外来

禁煙外来=内服治療

 

 

「タバコをやめたい」ではなく「やめる」と決心された方、わたくし達春次医院が全力でサポートいたします。
是非この決心が変わらないうちにご相談ください。

タバコはWHOでも、アヘン、大麻、コカインなどの麻薬中毒と同列に依存性の強い物質といわれています。
ニコチンは、精神依存と身体依存の両方が形成されて、非常にやめるのが難しい物質なのです。
「タバコをやめる!!」そう決心された方を春次医院は全力でサポートいたします。

ニコチン依存症の判定テスト
下の質問に5個以上「はい」というお答えをされた方はニコチン依存症です。

Q1    自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。        
Q2    禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。        
Q3    禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。  

Q4    禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
   ・イライラ ・眠気 ・神経質 ・胃のむかつき ・落ち着かない ・脈が遅い ・集中しにくい ・手のふるえ

   ・ゆううつ ・食欲または体重増加 ・頭痛
Q5    上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。        
Q6    重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。        
Q7    タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。        
Q8    タバコのために自分に精神的問題が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか。        
Q9    自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。        
Q10    タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

健康保険を使っての治療にはいくつかの条件がございます。

● 先ず、以前治療をされた経験がおありの方は、前回の治療の初回診療日から1年経過していること。

●  ニコチン依存症の判定テストで5個以上の「はい」がある

● 1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数]が200以上
  (2016年4月より35歳未満には上記要件がなくなりました)

●  ただちに禁煙を始めたいと思っている

●  禁煙治療を受けることを文書で同意している

以上全てに当てはまった方が健康保険での治療をお受けいただけます。

 

Copy Right (c) 春次医院 All Rights Reserved.