幹細胞培養液.jpg

ヒト由来幹細胞培養上清液療法

 

幹細胞培養上清液は、さまざまな種類のサイトカインを豊富に含んでいるため、点滴で全身に薬剤を行き渡らせることで、体内の損傷している細胞が活性化します。

薬剤が通過する際に損傷している部位を発見すると、そこへ自然と取り込まれ、組織の修復を促進します。各臓器、血管などのさまざまな部位に起こる疾患を未然に防ぐ効果が期待できます。

以下は、点滴投与で期待される具体的な効果の例です。

 

• 皮膚のシワやたるみの改善

• 疲労回復、生活習慣病の予防

• 増毛効果

• アンチエイジング効果

• 自己再生能力の誘導効果

• 肝障害、間質性肺炎の改善

• 動脈硬化、性病変、EDの改善

• 障害部位の治癒促進、疼痛の軽減

• アレルギー疾患や自己免疫疾患の改善

• がん細胞の増殖、転移の抑制

• 脳梗塞、脊髄損傷の改善

• 脳溢血(脳梗塞、脳出血)後の麻痺や言語障害や認知障害

 

期待できる効果

効果.jpg

幹細胞培養上清液とは

幹細胞培養上清液とは、人間の体内から抽出した幹細胞を培養する際に使用した培養液から幹細胞を除いた液体(上澄み液)のことです。

 

幹細胞が活性化して増殖する培養過程においては数百種類もの液性因子(成長因子、免疫調整因子、エクソゾーム、抗炎症因子など)が培養液に放出されます。

この放出された成長因子(サイトカイン)やエクソゾームなどを豊富に含んだ培養液を加工し作られた幹細胞培養上清液は、老化などで衰えた細胞の活性化を促し、病気の治療や美容、健康維持に効果が期待できます。

製法.jpg

幹細胞培養上清液に含まれる主な成長因子

成長因子.png

aFGF(線維芽細胞成長因子)

・真皮の幹細胞(線維芽細胞)を刺激し、シワの改善、美白効果

・傷口の回復を早める

EGF(表皮細胞成長因子)

表皮幹細胞に細胞増産のサイトカインを出し、肌のターンオーバーを促進

・新しい皮膚細胞を作り出し、シワの改善・予防

・肌をなめらかにする

・シミやくすみを改善

・新陳代謝を促進する効果もあり、傷口の回復を早める

VEGF(血管内皮増殖因子)

・新しい細胞を生み出し、シワの改善・予防
・毛根に栄養を運び、発毛を促進
・肌にエネルギーを与え、肌ツヤを改善

bFGF(塩基性線維芽細胞増殖因子)

・コラーゲンを分泌する線維芽細胞の増殖を促進

・組織修復・神経保護作用

・血管内皮細胞の増殖・血管新生を促進

IGF-1(インスリン様成長因子)

・コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の産生を促進し、肌のハリや弾力を再生
・脂肪燃焼効果
・毛根を刺激し、髪の毛を強くする効果

KGF(上皮細胞成長因子)

・毛母幹細胞に働きかけ、育毛や発毛、増毛効果

 

HGF(肝細胞増殖因子)

・肝臓の他、肌細胞の増殖促進や細胞運動促進、形態形成誘導、血管新生など組織を再生

TGF-β(トランスフォーミング成長因子)

・抗炎症効果などがあり敏感肌の改善効果

PDGF(血小板由来成長因子)

・創傷治癒効果
・コラーゲン合成を促進
・育毛を促進する効果

最高品質の幹細胞上清液<浄化濃縮幹細胞培養上清液>

 

当院では、有効因子を濃縮するとともに不純物(有害物質)を極限まで除去した最高品質の幹細胞培養上清液「浄化濃縮幹細胞培養上清液」を使用しています。

細胞が人間と同様にアンモニアなどの有害成分を放出することはほぼ知られていなかったため、市場に流通している幹細胞培養上清液は不純物が約80%も占めていました。

今回開発された精製方法によって抽出された浄化濃縮脂肪幹細胞培養上清液は不純物を極限まで除去しています。

これにより、重要な成長因子(サイトカイン)であるHGF(血管新生や組織修復を促進)などの有効成分含有量が従来の製剤と比較して圧倒的に高くなっています。

グラフ.png

※グラフは「幹細胞培養上清液に含まれるHGF含有量」を調査したもの。HGFはサイトカインの中でも重要な成長因子で、このHGF含有量に比例して他の有効成分の含有量も大きくなります。

 

●100%ヒト由来成分で動物由来の成分は不使用

●幹細胞のドナーは全て健康な日本人女性

●製造から出荷まで日本国内の大学の研究所内で一元管理

●ダブルチェック(ドナーとなる日本人女性ならびに出荷前の製品について2回のウィルスチェックを実施)

 

幹細胞療法との違い

「幹細胞培養上清液療法」と「幹細胞治療」の大きな違いは、

幹細胞そのものを含むか含まないか

という点です。

幹細胞培養上清液療法……「幹細胞を培養した培養上清液」を投与する治療。幹細胞そのものは含まれていない

幹細胞治療……培養液で培養した自身の「幹細胞そのもの」を投与する

 

幹細胞培養上清液は、幹細胞治療とは異なり幹細胞そのものは使用しないため、アレルギー反応や癌化のリスクが少ないことがメリットです。

また、幹細胞治療の場合は幹細胞摂取手術や細胞培養、事前検査などが必要となるため、費用が高くなりますが、幹細胞培養上清液の場合はすぐに治療が可能で、費用を抑えて治療できます。

 

治療方法 表.png

料金

幹細胞培養上清液の良さを多くの方に体験していただくため、当院では料金を安く設定しております。お気軽にお試しください。

点滴

標 準  1回  36,000円(税込39,600円)

標 準  3回 100,000円(税込110,000円)

ダブル 1回  68,000円(税込74,800円)

ダブル 3回 186,000円(税込204,600円)

局所注射(膝関節、頭皮、腰、肩等局所)+点滴

標 準  1回  40,000円(税込40,000円)

標 準  3回 112,000円(税込123,200円)

ダブル 1回  76,000円(税込83,600円)

ダブル 3回 220,000円(税込242,000円)

 

お申込み、お問い合わせ

専用ライン 

専用電話 080-9754-5302

春次ライン.jpg
受付.jpg
待合室.jpg